処暑とは?2015年はいつ?処暑の食べ物は何?

処暑とは何でしょう?
処暑の2015年はいつでしょう?
処暑の食べ物は何でしょう?

処暑についての紹介をします。

スポンサードリンク

■処暑

処暑(しょしょ)とは、二十四節気の第14です。

二十四節気とは、1年365日を24等分すると15日づつぐらいになります。

その二十四節気のひとつが、処暑(しょしょ)になります。

処暑は、暑さが和らぐという意味です。

8月23日頃が、処暑です。

丁度、穀物が実り始め、萩の花が咲き始める頃ですね。

■処暑の2015年

2015年の処暑は、8月23日になります。

2016年も8月23日です。

■処暑の食べ物

処暑の食べ物は何でしょう?

夏の暑さで体力が落ちています。

秋の食べ物、秋刀魚(さんま)の季節です。
秋の味覚を代表する大衆魚です。

漢字で書いても「秋刀魚」と秋の魚です。

秋に旬を迎えよく獲れることと、細い柳葉形で銀色に輝くその魚体が刀を連想させることから「秋刀魚」となったのですね。

スポンサードリンク

9292d_s
サンマには、血液の流れを良くするといわれるエイコサペンタエン酸が含まれており、脳梗塞・心筋梗塞などの病気を予防する効果があるとされています。

サンマには、ドコサヘキサエン酸も豊富に含まれており、体内の悪玉コレステロール(LDL)を減らす作用、脳細胞を活発化させ、頭の回転を良くする効果もあります。

秋のサンマは脂肪分が多く美味で、大根おろしと一緒に食べると美味しいですね。

■まとめ

処暑には、まだ夏バテで体力が落ちている人も多いと思います。
朝は、涼しくなってきますから、風邪を引かないよう気をつけてくださいね。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする