山鹿灯籠まつりの千人灯篭踊りとは?桟敷席はあるの?

a079
山鹿灯籠まつりとは、どんなお祭りなのでしょう?
山鹿灯籠まつりの千人灯篭踊りとは、どんな踊りなのでしょう?
山鹿灯籠まつりでは桟敷席はあるのでしょうか?

山鹿灯籠まつりについての紹介をします。

スポンサードリンク

■山鹿灯籠祭り

山鹿灯籠まつり(やまがとうろうまつり)とは、熊本県山鹿市、山鹿温泉にある大宮神社の祭りです。

山鹿灯籠まつりは、灯籠のあかりが闇に揺れる夜明かし祭りで、熊本夏の三大火祭りの一つです。

山鹿灯籠祭りの由来は、景行天皇が九州を巡幸しているとき、加茂の浦の湖(現山鹿市内)で濃霧が立ちこめ、進路を見失ってしまったが、地元住民が松明(たいまつ)を灯して一行を大宮神社のところまで導いたといわれます。
そして、この松明がのちに灯籠となって神社に奉納されたといわれています。

8月15日 奉納灯籠・奉納灯籠踊り・花火大会
8月16日 景行天皇奉迎儀式・たいまつ行列・千人灯籠踊り・上がり灯籠
などの催しが行われます。

スポンサードリンク

■山鹿灯籠まつりの千人灯篭踊り

山鹿灯籠まつりの千人灯篭踊りは、8月16日に行われます。

ゆったりした「よへほ節」が会場に流れるなか、頭上に金灯籠(かなとうろう)をのせた浴衣姿の女性、千人による優雅な踊りは、幻想的な美しさがあります。

これは、女性だけの踊りで男性は踊りません。

この山鹿灯籠まつりの頭上の金灯籠は、木や金具は一切使わず、手すきの金・銀の和紙とのりで作った灯篭です。

ですので、頭の上に乗せて踊っても重くないのですね。

■山鹿灯籠まつりの桟敷席

山鹿灯籠まつりの千人灯籠踊りの桟敷席は7月の初めから発売されます。

■千人灯籠踊り特別観覧席チケット

桟敷席(イス席)1枚 3.000円

マス席(3名様分)10.000円

(6名様分)20.000円

※8月16日
第1部18:45~20:15  第2部21:00~22:00(第1部、第2部とも山鹿小学校グラウンド)

■予約

チケットぴあ Pコード:626-816

■まとめ

山鹿灯籠祭りでは、身障者用駐車スペースの設置や、エリア内に複数の多目的トイレもありますので車いすの方も安心して楽しめます。

みなさんで是非行ってみて下さいね。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする