天神祭の奉納花火とは?時間は?スポットは?観覧席は?

a1316
天神祭は日本三大祭のひとつで、天神祭の奉納花火は天神祭の一つの見どころです。
天神祭の奉納花火とはどんな花火でしょう?
天神祭の奉納花火のスポットは?時間は?
天神祭の奉納花火の観覧席はあるのでしょうか?

天神祭の奉納花火についての紹介をします。

スポンサードリンク

■天神祭の奉納花火

天神祭は、2015年7月24日と7月25日に開催されます。

天神祭の奉納花火は、川崎公園と桜ノ宮公園から打ち上げられます。

船渡御の優美な水上パレードと合わせて、神様にお供えする天神祭奉納花火は打ち上げられます。

■天神祭の奉納花火の時間

天神祭の奉納花火は、7月25日に打ち上げられます。

19時頃から21時頃までの間、川崎公園・桜宮公園の二地点から、打上げ花火を中心に約4000発の花火が打ち上げられます。

■天神祭の奉納花火のスポット

桜ノ宮公園は広いので、あらゆる場所から花火を楽しむ事が出来ます。

桜宮公園中央広場周辺は、たくさんの屋台が出ます。そしてたくさんの人でにぎわいます。

桜宮橋より北側は打上げ場所に近く、16時頃から場所取りが始まり、迫力ある花火を見ることができます。

スポンサードリンク

桜宮橋の南側は、花火が少し橋に隠れてしまうので、北側よりはすいています。

川崎橋の東側は、花火の打ち上げ場所から離れているのでゆっくり花火鑑賞できます。
他には、源八橋の東側や藤田邸跡公園前などがおすすめスポットです。

*川崎橋は18時より交通規制がかかり通行止めになります。

■大阪天満宮では、奉納花火の協賛を募集しています。
奉納花火一発5,000円の協賛で、記念品として花火玉のレプリカがもらえ、大阪天満宮の境内にしっかりと名前が掲げられます。
申込は大阪天満宮社務所(TEL.06-6353-0025)

■天神祭の花火の観覧席

間近で天神祭奉納花火を鑑賞することができる特別観覧席があります。
はじめて2014年から大阪ふれあいの水辺(源八橋下流左岸砂浜)に、設置されました。

7月25日
18:00~21:00
料金(2014年の料金)
テーブル指定席:5,000円
砂浜自由席:3,500円
有料観覧席(小学生未満無料)※全席禁煙

*詳細は、Walkerplusチケットに問い合わせてみて下さい。

■天神祭の船渡御の観覧席

八軒家浜の船渡御(ふなとぎょ) 観覧席
7月25日
15:00~21:00
料金
自由席:2,000円~

*詳細は、Walkerplusチケットに問い合わせてみて下さい。

■まとめ

天神祭は、日本三大祭おひとつで、昼間もギャルみこしやいろいろなイベントがあって楽しむ事が出来ます。
そして夜はの奉納花火を楽しむ事が出来ます。
ご家族みんなで楽しむ事が出来ますから、是非行ってみて下さいね。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする