入谷朝顔まつり(朝顔市)の日程、時間は?アクセスは?

a0922
入谷朝顔まつり(朝顔市)は、毎年約40万人もの人出でにぎわいます。
入谷朝顔まつり(朝顔市)の日程や時間、入谷朝顔まつりに行くアクセスの紹介をします。

スポンサードリンク

■入谷朝顔まつり(朝顔市)

朝顔は、江戸では御家人などが内職として朝顔を栽培していました。

真源寺(しんげんじ)の名物である朝顔市が有名になったのは明治時代に入ってからです。

江戸後期頃から当地で盛んだった朝顔栽培を人々に見せるために、当寺院の敷地内で栽培農家が披露したことが入谷朝顔まつり(朝顔市)の由来だと言われています。

明治初期には、入谷の十数件の植木屋が朝顔作りを始め、朝顔の大輪や珍花を咲かせて評判になりました。

スポンサードリンク

都市化になり、大正2年に入谷朝顔まつり(朝顔市)は途絶えましたが、昭和23年、地元有志により入谷朝顔まつり(朝顔市)は復活しました。

入谷朝顔まつり(朝顔市)は入谷鬼子母神(真源寺)や言問通りには120軒の朝顔業者と100の露店(縁日)が並びます。

■入谷朝顔まつりの朝顔の価格

入谷朝顔まつりの朝顔の価格は、小さなものは800円くらい
朝顔は行灯(あんどん)仕立てが、2000円共通

■入谷朝顔まつりの日程、時間

入谷朝顔まつりは毎年7月6日から8日まで開催されています。

■入谷朝顔まつりの2015年の日程
2015年7月6日~2015年7月8日
開始・終了時間 5時~23時

■入谷朝顔まつりのアクセス

■交通アクセス 入谷鬼子母神(真源寺)へは、
電車
JR線山手線・京浜東北線「鶯谷」駅より徒歩5分
東京メトロ日比谷線「入谷」駅より徒歩1分

鬼子母神の前の大通り(言問通り)は夜は通行止めになります。

■まとめ

朝顔を入谷朝顔まつりで買いたいのでしたら、早朝行くと朝顔の色を見て買うことが出来ます。
配送もしてもらえますから、荷物になるのがいやな人も大丈夫ですよ。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする