喪中の年賀状は、どこまで?いつ出すのが良いのでしょう?

a00498
喪中の年賀状欠礼状(喪中はがき)は、どこまでの近親者の範囲でしょう?
喪中の年賀状欠礼状(喪中はがき)は、いつ出すのが良いのでしょう?

喪中の年賀状欠礼状(喪中はがき)についての紹介をします。

スポンサードリンク

■喪中の年賀状

一般的に、近親者が亡くなった場合、喪中の年賀状欠礼状(喪中はがき)をだします。

喪中はがきには、これが正しいというようなはっきりした決まりはありません。

地方や習慣、宗教などによっても違うようです。

■年賀状の喪中はどこまで?

喪中の年賀状欠礼状(喪中はがき)は、どこまでの近親者の範囲なのでしょう?

スポンサードリンク

喪中とする近親者の範囲は、配偶者と自分を中心とした一親等(父母・子)と、生計を共にしている二親等(祖父母・兄弟姉妹・孫)の人が亡くなった場合は、喪中・年賀欠礼状(喪中はがき)を出す事が多いです。

夫・妻、父母・義父母、子
生計を共にしている兄弟・姉妹
生計を共にしている祖父母
生計を共にしている孫

喪中の年賀状欠礼状(喪中はがき)は、地方や、習慣によっても違ってきます。

■喪中の年賀状欠礼状(喪中はがき)は、いつ出す?

年賀状欠礼状(喪中はがき)は、相手の方が年賀状の用意をする前には届くようにしましょう。
ですから、11月中ごろから12月初めには届くようにします。

■まとめ

喪中はがきを出すのは年賀状を出すことが出来ないと言う意味で、年賀状をもらってはいけないと言う意味ではありません。
年賀状を喪中の時に受け取った場合の返事は寒中見舞いです。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする