年賀状の交換はできるの?書き損じたり余りの年賀状は?

a00498
年賀状の交換はできるのでしょうか?
年賀状を書き損じるこことってあるけど修正テープで修正して出したくないし・・・・
年賀状の余分に買っておいた余りはどうしたら良いの?

年賀状の交換や書き損じ、余りについての紹介をします。

スポンサードリンク

■年賀状の交換

年賀状を余分に買っておいたのだけど、結局使わなかったって良くありますよね。

去年の余った年賀はがきは、郵便局に持っていけば今年の年賀はがきへ交換はできるのでしょうか?

今年の年賀はがきには交換してもらう事は出来ませんが、1枚5円の手数料を払って通常の葉書や切手に交換してもらうことが出来ます。

印刷してある年賀状でも交換してもらえますよ。

他には、近親者のご不幸による服喪のため、使用できなくなったお年玉付き年賀はがき・寄附金付きお年玉付き年賀郵便切手は、お年玉付き郵便はがき等の販売開始日から販売期間終了日までなら無料で通常切手類と交換してもらえます。

スポンサードリンク

■年賀状の書き損じ

年賀状の書き損じってありますよね。
修正テープで修正をするのも、年賀状ではしたくないですよね。

でも、郵便局に持っていけば、1枚5円の手数料を払って葉書や切手に交換してもらえます。

*年賀状で、宛先不明で戻ってきてしまったものは、交換することができません。
年賀葉書は消印が無いので一度配達されたものかどうかわからないと思われますが、一度郵便局に集められた郵便物には、目には見えない塗料のバーコードが印字されているんです。
ブラックライトをあてるとバーコードが浮かび上がりますから、郵便局で交換してもら時にすぐにわかるようになっています。

■年賀状の余り

年賀状の余りは、切手や葉書に手数料を払って交換してもらえます。

写真屋さんで作った印刷ではなくて写真と年賀はがきを貼り合わせてある年賀状も手数料を払って交換してもらえます。

お年玉くじの番号を確認してから交換してもらいましょうね。

■切手も葉書も使わない人は、金券ショップへ切手を持って行くと、現金と交換してくれます。

■まとめ

年賀状の書き損じや余分に買った年賀状も交換してもらえるんですから、郵便局は親切ですよね。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする