塩レモンの作り方は?失敗するのはなぜ?期限は?

a06553
塩レモンの作り方はどうするのでしょう?
塩レモンの作り方で失敗するのはなぜなのでしょう?

塩レモンの作り方や失敗、期限などについて紹介します。

スポンサードリンク

■塩レモンの作り方

★材料
レモン
レモンの重量の10%から30%の塩(粗塩)

レモンは、ワックスのついていない無農薬のレモンがよいのですが、レモンに塩を混ぜてこすりながらワックスをしっかり取り水気を拭き取ります。

レモンの両端を切り落とします。
そして、輪切り、八つ切り(お好みでどちらでも良い)にします。

密封容器にレモン、塩、レモン、塩と繰り返しながら詰めていきます。

スポンサードリンク

これを1週間ほど冷暗所に置き、毎日一度はよく振って混ぜ合わせます。

レモンが変色していきますが大丈夫です。

1周間したら、冷蔵庫で保存します。

■塩レモンの失敗

塩レモンを作る時失敗することもあるようです。

密封容器で塩レモンを作らないとカビが生えることもあるようです。
ですから、密封容器で、レモンの水分もよく拭き取り、包丁もまな板も乾いた清潔なものを使いましょう。

塩レモンは発酵食品ですので、作ってから1周間から1ヶ月は冷暗所で保管します。
すぐに冷蔵庫に入れると発酵しにくくなります。

塩の量が少ないと果汁が出にくくなります。
しっかりレモンの量を測って塩を入れましょう。

■塩レモンの塩分濃度

塩レモンを作る時に入れる塩は、10%にするレシピが多いようですが、10%から30%で良いようです。

■塩レモンの期限

梅干しと同じで5年から10年も保存ができるようです。

■まとめ

塩レモンは簡単に作ることができるので是非作ってみてくださいね。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする