針供養とは?いつなの?なぜ豆腐なの?

02a18c0d_s
針供養とは何なのでしょう?
針供養はいつなのでしょう?
針供養と豆腐の関係は何でしょう?

針供養についての紹介をします。

スポンサードリンク

■針供養とは

針供養とは、折れたり、曲がったり、錆びたりして使えなくなった針を供養する行事です。

地方によって違いますが、豆腐やこんにゃく、餅などに刺したり、神社や寺院に奉納したり、川に流したりして供養をします。

大事な針に感謝し、裁縫が上手になるようにと言う意味が針供養にはあります。

スポンサードリンク

昔は、それぞれの家庭でも、針供養が行われていたそうです。
現在は、針を製造する会社や、洋裁学校では針供養をしています。

■針供養は、なぜ豆腐?

針供養には、豆腐に針を刺しますが、なぜ豆腐なのでしょう?

今まで働いてくれた針を柔らかい豆腐に刺して、休んでもらうと言う意味からきています。

ですから、地域によっては柔らかいこんにゃくや餅などでも針供養をするのです。

■針供養は、いつ?

針供養は、12月8日にする地域と2月8日にする地域があります。
関東では、2月8日が多いのですが、関西では12月8日が多いようです。

12月8日は「事納め」といい、田畑に関する作業はこの日までに終わるべき日で、2月8日は「事始め」といい、田畑に関する作業をこの日から始める日となっていました。
その事から、12月8日と2月8日は事八日と呼ばれていました。

■まとめ

針供養の日の食べ物として針供養の日には、芋、ダイコン、小豆、焼き豆腐、ニンジンの煮物料理などを食べる風習もあります。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする