衣替えの由来は?衣替えのコツは?

a0882
衣替えの由来は何でしょう?
面倒な衣替えのコツは何でしょう?
衣替えについて紹介します。

スポンサードリンク

■衣替え

衣替えは2つの意味がありまあす。

1つの衣替えとは、季節の移り変わりによって学生や企業の制服(夏服、冬服などを替えることをいいます。

日本では、毎年6月1日と10月1日に一斉に衣替えが行われることが多いです。
多くの場合、二週間から一か月間の移行期間が設けられます。

そして、もう1つの衣替えは、季節、冬物、夏物などの衣服の収納場所を変更することも衣替えといいます。

面倒で、私は好きではありません(汗

■衣替えの由来

衣替えの習慣は平安時代の宮中行事から始まったとされています。

明治6年(1873年)1月1日より新暦(太陽暦)が採用され、太陽暦6月1日から9月30日までが夏服とされ、10月1日から翌年5月31日が冬服と定められました。

スポンサードリンク

そしてこの習慣が学生服に、次第に一般の人にも定着し、官公庁・企業・学校が毎年6月1日と10月1日に衣替えを行うようになったといわれています。

■衣替えのコツ

面倒な衣替えのコツは

1 捨てる

不要な洋服をいつまでも持っていると片付けるスペースも少なくなって片付ける事が出来ないと言う悪循環になります。
何年も着ない洋服は、いつか着ると思って取って置いても着ないままでスペースの無駄遣いです。

2 分ける

季節ごとに分けてラベルをはります。
ラベルを貼っておけばすぐに何があるかわかります。
着たい洋服を探す時にすぐわかります。

3 使いやすい衣装ケース

透明な衣装ケースは何が入っているかわかりやすいです。
収納しやすく、洋服を出し入れしやすい衣装ケースを使えば洋服も散らかりにくいです。

■まとめ

衣替え、6月1日に夏服を着た学生さんを見ると夏が来たと思いますね。

面倒な衣替えも、思い切って洋服を捨てると本当に楽になりますね。
スペースが開いたら気持ちも楽になりました^^

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする