洋画 シスターズ 2016年のあらすじ、感想は?

洋画を見るのが大好きで、今回はアメリカ人の友達に誘われて洋画シスターズを見ました。
コメディ映画なので気分が明るくなって良いかなっと思っていたのですが・・・・
洋画 シスターズ 2016年を見た私の感想を紹介しますね。

スポンサードリンク

■洋画 シスターズ 2016年

シスターズはピッチパーフェクトを作ったジェイソン・ムーア監督によるコメディなので期待をして見ました。

シスターズの映画のあらすじは、姉妹の両親が家を売るというので、自分たちの荷物を片付けなくてはいけなくなったのですが、それに反発してパーティをするのですが・・・・

内容は、コメディですから、面白いけれど、バカバカしくてくだらない
あまりにもバカバカしい内容です。

そして、パーティの最中にドラッグスを使うので、友達は映画の途中に
「もし、嫌だったら映画館を出てもいいけど」
と、言ってきました。
私は「大丈夫」と言って最後まで見ました。

映画を見た後に友達が謝ってきました。
この映画を見たいといったのは友達なので
「こんな内容とは知らないでごめんね。
アメリカの映画は、本当にこうゆう内容がよくあるから良くない。」
と言っていました。
彼女はアメリカ人なのですけどね。

スポンサードリンク

最後は、ハッピーエンディングで良かったのですけどね。

■洋画 シスターズ 2016年 評価

私が星をつけるとしたら
星は★★でしょうね。

映画館で見るのはもったいない映画ですね。
やっぱり、直ぐのに映画館での上映は終わりましたから
誰もがそう思ったのでしょうね。

■まとめ

今洋画 シスターズ 2016年のdvdが売っていますが、買わなくても良いと思います。
エイミー・ポーラーやティナ・フェイが好きだったら別ですけど・・・・
借りるか、テレビでやるのを待つか・・・・
テレビではやらないかな?
じゃあ借りて見るですね。
でも、洋画 シスターズ 2016年は、別に見なくても良い映画です。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする