お茶の成分は何?効能は?カテキンは?

a0769
お茶の成分は何でしょう?
お茶の成分の効能は何でしょう?
お茶の成分のカテキンとは何でしょう?

お茶の成分の紹介をします。

スポンサードリンク

■お茶の成分

お茶の成分は、カテキン、カフェイン、テアニン

ビタミン類は、ビタミンC、ビタミンB2
葉酸、β-カロテン、ビタミンE

サポニン、フッ素、γ-アミノ酪酸

ミネラル
(カリウム、カルシウム、リン、マンガンなど)

クロロフィル

以上のものが含まれています。

■お茶の成分の効能

■カフェインは、お茶の苦味成分です。
覚醒作用(疲労感や眠気の除去)
持久力増加
二日酔い防止
腎臓の働きを活発にし利尿を促す

*カフェインの分解機能が弱い肝臓障害のある方はお気をつけ下さい。
*ほうじ茶は、茶葉を高温で焙じるとカフェインがとばされるので、赤ちゃんやお年寄り、病気の方、夜お茶を飲むと眠れなくなるという方にはおすすめ

■テアニンは、お茶のうま味成分です。
神経細胞保護作用
リラックス作用(α波出現効果)
脳内神経物質への作用によって、記憶学習能力も向上させる

■ビタミン類

・ビタミンC
お茶に含まれるビタミンCはカテキンとの相乗効果で熱に強い
風邪の予防にも効果大
メラニン色素の沈着を防ぎ、肌の老化を防ぐ抗酸化作用がある
皮膚や粘膜の健康維持(コラーゲン形成)

・ビタミンB2
皮膚や粘膜の健康維持

スポンサードリンク

・葉酸
神経管閉鎖障害の発症予防
動脈硬化予防
妊娠中の必要栄養素

・β-カロテン
夜間の視力維持

・ビタミンE
抗酸化作用

■サポニン
血圧低下作用
抗インフルエンザ作用

■フッ素
虫歯予防

■γ-アミノ酪酸(通称:GABA)
血圧低下作用

■ミネラル
(カリウム、カルシウム、リン、マンガンなど)
生体調節作用

■クロロフィル
消臭作用

■お茶の成分のカテキン

カテキンは、渋みを出すタンニンを形成する成分の一部です。
細菌によって引き起こされる症状の防止に効果があります。
細菌の繁殖を抑えたり、死滅させたりすると同時に、細菌の出した毒素を消すという抗菌作用があるんです。

・動脈硬化の予防
血管に溜まった老廃物を除去して血液の流れをよくし、血栓による脳卒中や心臓の病気の予防

・血中コレステロールの低下

・体脂肪低下作用

・がん予防
細胞の突然変異を防ぎ、ガンの発生を抑制します。
また突然変異した細胞のガン化も防いでくれます。

・抗酸化作用
病気や老化の元となる活性酸素が体内脂肪を酸化させるのを抑制

・虫歯予防、抗菌作用

・血圧上昇抑制作用
高血圧から生じる脳卒中や心臓病を予防

・血糖上昇抑制作用

・口臭予防(脱臭作用)

・抗インフルエンザ作用
お茶でうがいをすれば、風邪の予防に効果があります。

■まとめ

1杯のお茶に含まれるカテキンの量は約0.1gですから、1日に10杯のお茶を飲めばガンの予防にもなるんです。
お茶を毎日飲めば、美容と健康にとても良いですね。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする