浅草 酉の市の熊手とは何なの?価格は?

a0097
浅草の酉の市とは何でしょう?
浅草の酉の市の熊手は何なのでしょう?
どうやって熊手は買うのが良いのでしょうか?
熊手の価格はいくらでしょう?

浅草の酉の市や熊手についての紹介をします。

スポンサードリンク

■浅草の酉の市

酉の市とは、11月酉の日に、浅草の酉の寺や各地の鷲神社などで開かれる、開運招福・商売繁盛を願うお祭りです。
11月最初の酉の日、初酉を「一の酉」、次を「二の酉」、3番目を「三の酉」といいます。
「三の酉」まである年は火事が多いといわれています。
三の酉がある年には平年にもまして、歳末にかけて、社会一般で火の用心が心がけられ、多くの縁起熊手には「火の用心」のシールを貼って売りだしています。
三の酉は、およそ一年おきにあります。

■浅草の酉の市2015年

11月 5日(木)一の酉
11月17日(火)二の酉
11月29日(日)三の酉

■浅草の酉の市の時間

午前0時から午後24時まで

■浅草の酉の市の熊手

縁起熊手は、約150店舗の熊手店において販売しています。

熊手は商売をしている人が求めるものでしたが、今は昔のように商売の方だけの酉の市ではなくなってきています。

若い人向けの恋愛成就・すべての皆様の家内安全・健康・勝運、様々な願いも熊手によって叶えられるといわれています。

スポンサードリンク

神社に参拝して、神社の御札「熊手御守」その後、縁起熊手を買って家庭・神棚などにお祀(まつ)りするのが一般的です。

縁起熊手は、お飾りする物だけだけではなく置物の熊手もあります。

最初は小さい熊手を買いその会社・世帯の繁栄に併せて徐々に熊手も大きくするといわれています。

■浅草の酉の市の熊手の価格

熊手にも色々な種類があり熊手屋さんの数だけ個性が出ています。

おすすめは、まず境内をぐるっと一回ります。

同じ大きさの熊手でも付いている飾り物の種類や数によって値段が違ってきます。

熊手の値段は、小さい熊手は、1,000円から大きな熊手では何十万円もする熊手があるそうですが、売れ筋は10,000円~50,000円位らしいです。

じっくりと一番気に入った熊手を見つけて下さいね。

それから、熊手の値段交渉、商談です。

熊手屋さんとお客さんとの駆け引きの始まりです。

どれだけ熊手が値切れって買うことが出来るかはあなたの腕しだいです。

昔は値切った分だけ「ご祝儀」として店においてくるのが粋な熊手の買い方とされていました。

実質は、熊手屋さんの言い値で買ったことにはなりますが、お客様はご祝儀を出してちょっとした大名気分を味わい、熊手屋さんはご祝儀を頂いてより儲かった気分を味わったのです。

そして、商いの成立を意味する手締め(手終い)を行い御家庭・会社の弥栄えをお祈りします。

これが江戸時代から続く熊手の粋な買い方と言われています。

■まとめ

浅草の酉の市に行って、是非、熊手を買ってみて下さいね。
そして、楽しい熊手の値段交渉、商談してくださいね。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする