オーストラリア旅行での薬は?頭痛薬は?日本からの薬の持込は?

オーストラリア旅行での薬は?頭痛薬は?日本からの薬の持込は?どうなのでしょう。

それらについて説明をしますね。

スポンサードリンク

私は、以前は、頭痛薬や風邪薬などの薬は、日本から持ってきていました。

でも、今はオーストラリアで頭痛薬や風邪薬などの薬は買っています。

日本からオーストラリアに薬を持ってくるときの注意

日本からオーストラリアに薬を持ってくることは可能です。

その時、飛行機の中で貰う入国カードには必ず薬を持ち込みに、はいにします。

市販の薬はできたら封のあいていないままの方がよいです。

でなければ、成分の書いてあるメモを一緒に持って行きましょう。

出来れば、英語の説明があったほうが良いです。

自分で英語の説明が出来る人は必要ないです。

頭痛薬や風邪薬をスーパーマーケットで買うには?

頭痛薬や風邪薬などの薬は、薬局やスーパーマーケットで簡単に買うことが出来ます。

スーパーマーケットで買うことが私は多いです。

買い物のついでに買い置きしています。

こんな感じでスーパーマーケットではいろいろな薬が売っています。

011.jpg000

スポンサードリンク

私は風邪をひくといつもはLemsipを飲みます。

又は、Panadol cold&flu を飲みます。

これらの薬は、風邪の時の、頭痛、熱、喉の痛み、体の痛みなどに良く効きます。

Panadol

パナドールは、痛み止めですが、風邪にも効きますし、解熱、

生理痛、歯痛、背中の痛み、関節炎、などの痛みに効きます。

013

のど飴 VapoDrops

014

など、スーパーマーケットで買うことが出来ます。

咳止めなどもスーパーマーケットで買うことが出来ます。

オーストラリア旅行で病気になったとき

海外保険に入っていればGP (General practitioner)診療所(医院)無料で診察してもらえるところもあります。

オーストラリアのゴールドコーストでもし病気になった場合、日本語医療センターという GPがあります。

24時間の電話受付もありますので、そこに日本語で電話をして予約をしていきます。

電話 1800 123 119

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする