オーストラリアでの入国審査に必要な英語は?

a1ffg
海外旅行、オーストラリアがはじめての人にとっては、入国審査に必要な英会話は大丈夫だろうかと心配になると思います。

スポンサードリンク

オーストラリアでの入国審査に必要な英会話ははっきり言うと殆ど必要ありません。

何か問題があった場合以外は英語はあまり必要ないのです。

でも、問題があると英語は必要です。

■最初にパスポートと入国カードを見せます。

入国カードは日本語で書いてあるのでそれに必要事項を書きます。

注意することは、必ず正直に書くことです。

入国カードに必要な事が書いてあるので、この時の英会話は殆ど必要ありません。

■Passport, please.

と言われるので

■Here you are.

と、言ってパスポートと入国カードを見せます。

でも、何も言わないで

にっこり笑顔で渡せば大丈夫です。

そして、パスポートにハンを押してもらって終わりです。

今まで、私はほかのことを聞かれた事がありません。

よっぽどあなたが怪しげな感じでびくびくして何かを隠しているような態度だと、何かおかしいと思われて質問をされるかも知れませんが、特に団体旅行などの場合は質問なしだと思います。

私はいつも個人ですが1度も聞かれた事がありません。

スポンサードリンク

万が一聞かれるとしたら以下の質問ぐらいです。

■How long will you stay in this country?

どのくらいこの国にいますか?

■When will you return to your country?

いつ自分の国に帰りますか?

5日間です。

■Where are you going to stay?

どこに滞在しますか?

■At a hotel.

ホテルです。

ホテルの名前を言った方がよいです

もし、わからなくて困ったら

■Are there those who can speak Japanese?

日本語が話せる人はいますか?

日本語を話せる人に通訳してもらいましょう。

*わかったふりをして後で困ったことになる場合もあります。

必ずわからないなら、わからないと言いましょう。



入国カードに持ち込みの食品があると書いた人はスーツケースを開けるように指示されることがあります。

■Open that bag, please.

カバンを開けて下さい

■What’s that?

それは何ですか

*食べ物、薬などの持込をする人は、もし何かと尋ねられた場合のことを考え英語で名前を書いたメモを持っていると良いかもしれません。

探知犬やX線機器で必ず調べるのですぐにわかってしまいます。

禁止品を持っていても申告すれば罪に問われることはありません。

必ず申告をしましょう。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする