オーストラリア旅行の入国審査 タバコの持ち込みで気をつけなくてはいけないこととは?

a1ffg
オーストラリアはタバコが高いので免税店でタバコを買ってもって来る人が多いようです。

オーストラリアに入国する時必ず気をつけないといけないことがあります。

スポンサードリンク

オーストラリアに入国する時、飛行機の中で入国カードを貰います。

スチュワーデスさんが日本語の入国カードを配ってくれます。

時々、外人顔の日本人には英語の入国カードをくれますから、その時は日本語の入国カードに変えてもらいましょう^^

この入国カードは日本語ですから記入は簡単です。

*この時気をつけなくてはいけないことは必ず正直に書きましょう。

正直に書いていれば、もし持ち込み禁止のものを持っていても捨てられるだけで罰金にはなりません。

私が以前オーストラリアのホテルで働いていた時、日本人のお客様と話をしたのですが、

スポンサードリンク

入国の時に免税店で買ったタバコを持って歩いていたら、こっちに来て言われて行ったら、日本語の書いてあるカードを渡されてタバコを捨てるか罰金を払うかと書いてあったのでタバコを捨ててもらったと。言っていました。

この方は免税店で自分の免税範囲のタバコと奥様の免税範囲のタバコを買って1つの透明の袋にまとめて入れてもらい、それを持って歩いていたのです。

もし、このタバコをまとめていないで別々にしてもらっって、奥様がひとつ持って歩いていれば大丈夫だったのでしょう。



もし、このお客様が英語が話すことが出来で奥様のことを言っていればこんなことにならなかったのでしょう。

せっかくの楽しいオーストラリア旅行がはじめにこんなふうになると楽しくなくなってしまいますね。

もしオーストラリアに入国する時はタバコの持込には気をつけてくださいね。

タバコの持込の本数も年々変わるようですので必ず確認して持込をして下さいね。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする