文化の日とは?憲法記念日との関係は?無料になるのは?

文化の日とはどんな祝日なのでしょう?
文化の日と憲法記念日はどんな関係があるのでしょう?
文化の日に無料になる美術館や博物館はどこでしょう?

文化の日について紹介します。

スポンサードリンク

■文化の日

文化の日は、1946年(昭和21年)に日本国憲法が公布された日です。

毎年、11月3日が文化の日です。

日本国憲法が平和と文化を重視しているので、1948年(昭和23年)に公布・施行された祝日法で「文化の日」となったんです。
文化の日は、国民の祝日に関する法律によれば、「自由と平和を愛し、文化をすすめる」となっています。

文化の日は晴天になる確率が高く、「晴れの特異日」として有名なんです。

文化の日の行事は、皇居で文化勲章の親授式が行われます。

他には、文化の日を中心に、文化庁主催による芸術祭が開催されたり、
博物館の中には入館料を無料にしたり、様々な催し物を開催する所もあります。

■文化の日と憲法記念日

文化の日と憲法記念日は繋がりがあります。

スポンサードリンク

文化の日は、1946年(昭和21年)に日本国憲法が公布された日です。

そして、憲法記念日は、公布から半年後の1947年(昭和22年)5月3日に施行されたため、5月3日も憲法記念日として国民の祝日となっているんです。

■文化の日に無料になるもの

文化の日に無料になる美術館や博物館があります。

■文化の日に無料になる美術館・博物館など

■美術館
国立西洋美術館(常設展)
東京国立近代美術館
千葉県立美術館

■博物館
国立科学博物館(常設展)
日本民家園(生田緑地)
千葉県立中央博物館
千葉県立現代産業科学館ほか全ての千葉県立博物館

■テーマパーク
房総のむら

■レジャーパーク
武蔵丘陵森林公園

■植物園
自然教育園
筑波実験植物園

■まとめ

文化の日に無料になる美術館や博物館などがありますから、この機会に行ってみて下さいね。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする