紫外線吸収剤とは?成分は?紫外線吸収剤との違いは?

紫外線吸収剤とは何なのでしょう?紫外線吸収剤の成分は何でしょう?
紫外線吸収剤と紫外線散乱剤との違いは何でしょう?

紫外線吸収剤の成分などや、紫外線散乱剤との違いを紹介します。

スポンサードリンク

■紫外線吸収剤とは

紫外線吸収剤とは、化学的な仕組みで紫外線のエネルギーを紫外線吸収剤の中に取りこんで、熱などのエネルギーに変換して紫外線が皮膚の細胞に浸透するのを防ぎます。

紫外線吸収剤は、紫外線を吸収することで肌への紫外線を減らします。

■紫外線吸収剤の成分

ジメトキシベンジリデンジオキソイミダゾリジンプロピオン酸オクチル
ジエチルアミノヒドロキシベンゾイル安息香酸ヘキシル
t-ブチルメトキシジベンゾイルメタン
メトキシケイヒ酸オクチル
オクチルトリアゾン
パラメトキシケイ皮酸2-エチルヘキシル など

■紫外線散乱剤と紫外線吸収剤の違い

■紫外線吸収剤

スポンサードリンク

紫外線吸収剤は紫外線散乱剤より使用感がよく、紫外線防御力も紫外線散乱剤よりすぐれています。

紫外線吸収剤は無色透明なので透明で白浮しないし、サラサラで汗にも強いです。

けれども、紫外線吸収剤は有機化合物なので人によっては、肌への刺激が負担になる人もいます。

■紫外線散乱剤

紫外線散乱剤は紫外線を跳ね返すものですが、天然の成分のものがほとんどです。
無理心地はこってりで、白浮きするものが多いのですが、最近は白浮きしにくいものもあります。

汗に弱く、塗り直しが必要です。

肌への刺激が少ないものが多いので、肌の弱い人も使うことが出来ます。

■まとめ

紫外線吸収剤も、最近は肌への刺激を極限に抑えたものもあらわれ、敏感肌用日焼け止めもあります。
敏感肌の方でも安心で、さらさらとした使い心地で肌への刺激が少ないようです。
紫外線散乱剤も、最近は使い心地も良くなっているようですね。

ご自分のお肌のタイプに合うものを使って紫外線からお肌を守りましょう。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする