紫外線対策の服は何が良い?服の色は?素材は?

紫外線対策の服は何が良いのでしょう?
紫外線対策の服の色は何色がよいのでしょう?紫外線対策の服の素材は何が良いのでしょう?

紫外線対策の服の色や素材などについて紹介します。

スポンサードリンク

■紫外線対策の服は?

夏の暑い日は、肌を露出する衣類を着る事が多いです。

けれども、紫外線対策のためには、紫外線を浴びないようにしないといけません。

暑い夏には大変ですが、紫外線対策のための服は、長袖の服や手袋、アームカバー、帽子、日傘などで紫外線を防ぐようにする事が大切です。

■紫外線対策の服の色は?

夏は白い服を着ると涼しげで良いと思い白い服を着る人が多いですね。

けれども、紫外線対策の服の色は白ではありません。

1番紫外線をカットする服の色は黒なのです。

黒、ターコイズ、イエロー、オレンジ、ピンク、オフホワイトの順です。

スポンサードリンク

白い服は涼しげですが、白という色自体が紫外線を通しやすいのです。

■紫外線対策の服の素材は?

紫外線対策に良い服の素材は、ポリエステルです。

ポリエステルは紫外線を吸収する作用があるので紫外線対策に良いのです。
他には、ビニロン、羊毛がカット率の高い素材です。

けれども、ポリエステルなどの洋服は通気性が悪いため紫外線の強い夏に着るのは暑くて向いていません。

綿素材は紫外線を透しやすいので紫外線対策には向いていない素材です。
けれども、ポリエステルと綿の混紡素材は紫外線を透しにくいです。

UVカット効果が高いUVカット加工がされた素材が1番良いでしょう。

■まとめ

黒い服は暑そうで紫外線対策には向いていない洋服みたいですが、紫外線対策には良い洋服なのですね。
でも、1番良いのは、UVカット効果が高いUVカット加工がされた洋服を着るのが良いですね。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする