炭酸水が体にいい理由は何?健康に悪影響はあるの?

ebf6d3d066f_s
炭酸水が体にいい理由は何なのでしょうか?
炭酸水は健康に悪影響はあるのでしょうか?

炭酸水の体に良い理由や悪影響などについて紹介をします。

スポンサードリンク

■炭酸水

炭酸水とは、炭酸ガスを含む水のことです。

炭酸水は、人工的に炭酸ガスと水に圧力をかけ製造することもできます。

そして、自然界でも炭酸水は湧き水や温泉などの形であります。
飲用可能なものはミネラルウォーター等の形で販売されています。

■炭酸水が体にいい理由

炭酸水は、水を飲むよりも満腹感を感じることができます。
胃の中で炭酸ガスが拡大するので、満腹感を感じられるんです。

ですから、食事の前に炭酸水を飲むと満足感があるので
食事を少ししか食べられなくなるので炭酸水はダイエットに良いと言われている理由です。

スポンサードリンク

炭酸水は、便秘にも良いと言われています。
炭酸水は、胃腸を刺激するので、消化を助けるので消化不良や便秘にも良いのです。

炭酸水には血管を拡張させ、血行促進する働きがあり、肌の血行がよくなります。
そして、汚れに吸着しやすいという性質があるので、肌の老廃物を取り除いてくれるのです。

炭酸の温泉(炭酸泉)は、医学的な効能も証明されています。

■炭酸水の健康への悪影響

健康な人が炭酸水を飲むことは健康促進でメリットが有ります。

けれども、胃酸が逆流する方には、炭酸水は悪影響があります。

過敏性腸症候群の腹痛や腹部の不快感、便秘や下痢が続くとい方は、膨満感やガスが発生する可能性があるので、炭酸水を飲むの良くないです。
胃潰瘍の方も、炭酸水を飲むことで、回復が遅れる可能性があります。

■まとめ

私は、炭酸水が体に良いと言われる以前から炭酸水が好きでいつも飲んでいました。
でも、その頃は炭酸水は体に良いと思っていなかったので、なるべく少しだけ飲むようにしていました。
ですから、今は以前よりたくさん炭酸水を飲んでいます。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする