節分の由来は?食べ物 恵方巻き、いわし、豆はどうして食べるの?

節分に食べる食べ物は、恵方巻き、いわし、豆はですが、どうして食べるのでしょう?
節分の由来など節分の食べ物 恵方巻き、いわし、豆などをどうして食べるのか、など紹介をします。

スポンサードリンク

★節分の由来

節分は季節の別れ目、季節を分けるで、立春・立夏・立秋・立冬の前日のことです。

1年に4回ありました。
日本では立春は1年のはじまりとして考えられ立春が新年で、
前日の節分が大晦日になり
「福は内、鬼は外」と言いながら福豆(炒り大豆)を撒いて、
年齢の数だけ(もしくは1つ多く)豆を食べる厄除けを行うのです。

節分は旧年の厄災を負って払い捨てるため、蒔いた豆から芽が出てきては良くないので
使用する豆は、お祓いを行った炒った大豆(炒り豆)です。

北海道・東北・北陸・南九州の家庭では 落花生を撒くようです。
これは、落花生は大豆より拾い易く地面に落ちても実が汚れないからこうなりました。

スポンサードリンク

★節分の食べ物 恵方巻き、いわしはどうして食べるの?

★恵方巻き
恵方巻き(えほうまき)とは、節分に食べると縁起が良いとされています。
大阪地方で太巻き(巻き寿司)を食べる習慣です。
以前は「丸かぶり寿司」などと呼ばれていました。
恵方巻きという名前は
1998年(平成10年)にセブン-イレブンが全国発売にあたり、商品名に採用したので広まったのです。

恵方巻きは7種類の具材を使います。
7は商売繁盛や無病息災を願って七福神に因んだもので、福を巻き込むとされます。
7種の素材、具材は特定に決まってはいません。

★いわし
鰯(いわし)の頭を柊(ひいらぎ)の枝に刺したものを玄関に飾ります。
節分いわしは鰯を焼くと出る激しい煙と臭いで邪気を追い払い、そして柊(ひいらぎ)の針で鬼の眼を刺すという魔よけの意味があります。
西日本では節分にいわしを食べる「節分いわし」の習慣が広く残っています。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする