半熟卵と温泉卵の違いは?温泉卵を電子レンジで簡単に作る方法

半熟卵と温泉卵の違いをご存知ですか?
半熟玉子と温泉玉子の違いを紹介します。

温泉卵は湯の温度を80度くらいのなかに1時間近くつけておいて作ります。
ご家庭で作るのは、時間がかかって大変です。

温泉玉子を電子レンジで簡単に作る方法を紹介します。

スポンサードリンク

★半熟卵と温泉卵の違いは?

半熟卵は白身が固まって黄身は半熟です。
温泉卵は、白身も黄身も半熟でとろとろです。

一般の家庭で温泉卵を作る方法です。

★家庭で温泉卵を作る方法

1鍋に2.5cmくらいの水を入れて沸騰させます。

2キッチンペーパーを2枚を重ねて卵2個を包みます。

3鍋が沸騰したら火を止めて卵を入れて、ふたをして約15分待てば完成です。

スポンサードリンク

でも、電子レンジだったらもっと簡単に早く温泉卵が作れます。

★温泉卵を電子レンジで簡単に作る方法

本当に簡単に温泉卵を電子レンジで簡単に作る方法を紹介します。

1 耐熱容器に卵1個を割って入れます。
 黄身をつまようじで数ヶ所さします。
 そうすれば、卵が爆発しません。

2 卵を覆うくらいの水を­入れます。
  左右の端をあけて、ラップをかけます。

3 電子レンジ(600W)で1分卵を加熱します。

4 水を捨てれば温泉卵ができあがります。

★こんなに簡単に電子レンジで温泉卵ができるのですから、毎日作って食べる事が出来ますね。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする