更年期の男性の症状は?年齢は?対策はどうしたら良い?

a0585
更年期は女性だけではなく男性にもあります。

更年期の男性の症状はどんな風になるのでしょうか?
更年期の男性の年齢は何歳からなるのでしょう?
更年期の男性の対策はどうしたら良いのでしょうか?

更年期の男性についての紹介をします。

スポンサードリンク

■更年期の男性の症状

更年期の男性の症状は、不定愁訴と呼ばれる、動悸、肩凝り、のぼせ、顔のほてり、手足のしびれ、頭痛、発汗、冷え性などがあります。
性機能の低下や、精神的には、倦怠感、無気力、不眠、うつ傾向や、自律神経失調症の症状などもあります。

■男性の更年期は何科?

●心療内科や精神科
抑うつ感や落胆、イライラ、不安、疲労感、不眠、記憶力や集中力の低下などの症状

●内科
異常な発汗やのぼせ、ほてり、動悸、頭痛、めまい、耳鳴り、肩や背中、腰などの痛み、関節痛などの症状

●泌尿器科
勃起不全や性欲の低下、頻尿などの症状

■更年期の男性の原因

男性の更年期の原因はテストステロンというホルモンのバランスの変調です。

テストステロン(男性ホルモン)は筋肉や骨を大きくしするために必要な物質です。
それが減少すると筋力の低下やそれに伴う筋肉痛、疲労感、ほてり、発汗、頭痛、めまい、なども現れます

スポンサードリンク

他には、テストステロン(男性ホルモン)はネガティブな感情が湧くのを抑える働きがあります。
減少すると、健康感の減少や不安を感じたり、ささいなことでいらいらしたりすることが多くなり、抑うつや不眠、集中力の低下や記憶力の低下なども引き起こされます。

男性ホルモンは異性を惹きつけるフェロモンを発生させる働きもあり、ドーパミンという興奮作用のある神経伝達物質を増やす効果もあります。
その減退は、性欲の減退、頻尿にもなります。

■更年期の男性の年齢

更年期の男性の年齢は、早い人は40歳ぐらいからですが、45歳ぐらいから50歳前後が最も多いです。

■更年期の男性の対策

更年期の男性の対策は、男性ホルモンの活性化が大切です。

男性ホルモンの活性化には、運動をして筋肉を刺激するのが良いです。

腹筋、腕立て伏せ、スクワット、筋力トレーニングなどの無酸素運動や、ウォーキング、水泳、サイクリングなどの有酸素運動、ストレッチなどをする習慣を持ちましょう。

男性ホルモンは、夜眠っている間に分泌されますから、早寝早起きや、睡眠環境を整え、良く眠れるようにすることも、男性更年期障害の対策です。

過激なストレスも、男性ホルモンの低下になりますから、ストレスを溜めないようにしましょう。
日頃から楽天的に考えたり、趣味を持ったりするのも良いです。

■まとめ

ストレスをためないで、睡眠をたくさん取り、バランスの良い食事をして、適度な運動が、更年期だけではなく健康維持には大切ですね。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする