帽子を被るとハゲるって本当なの?それとも迷信なの?

a15322
帽子を被るとハゲると言いますが本当なのでしょうか?
帽子を被るとハゲるというのは迷信なのでしょうか?

帽子を被るとハゲるのが本当なのか、迷信なのか説明します。

スポンサードリンク

■帽子を被るとハゲる?

帽子を被るとハゲると言われたことある人は多いと思います。

帽子は、紫外線から髪や頭皮を守ります。
そして、冬は寒さから守り保湿効果があります。

「冷え」というのは手足や内蔵だけでなく、頭皮にとっても同じく血行不良などを引き起こします。
ですから帽子をかぶることは頭皮にとっては良いことなのです。

帽子を上手にかぶれば髪、頭皮の活性効果が期待できます。

ただし、締め付けの強い帽子は、頭の血行を悪くしますから気をつけましょう。
そして、通気性の悪い帽子も、頭が蒸れて雑菌の繁殖にもなってしまいます。

スポンサードリンク

頭が蒸れるような帽子をかぶり続ければ、帽子の中の温度や湿度などの状態は、雑菌の繁殖にとても良い環境になります。
そうして地肌が臭くなったり、髪が抑えつけられて頭が痛くなったりすることも考えられます。

そのため毛根の活性化に良くないので薄毛になる可能性もあります。

そして、敏感な人だと地肌が弱って炎症を起こし、血行が妨げられたりすることがあります。
すると毛根が詰まり、頭皮の活性化を妨げることになるので注意しましょう。

他には、ずっと頭を洗わない人は頭に雑菌も増え、薄毛になる可能性があります。

■帽子を被るとハゲるは迷信?

帽子を被るとハゲになるのではなく、ハゲた人がハゲを隠すために帽子をかぶっている人も多いですね。
ですから、帽子をかぶると禿げるというのは迷信ですね。

帽子も、上手に選んで上手にかぶれば、ハゲを防ぐこともできます。

■まとめ

暑い夏は、帽子を被って紫外線から頭皮を守らないと、頭皮に悪いので、薄毛になって、ハゲになってしまうこともあります。
ハゲになると信じて帽子をかぶらなかった人も、帽子を上手に選んで被るようにしましょう。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする