ボジョレー・ヌーボーとは?解禁日はいつ?賞味期限はある?

a002360

ボジョレー・ヌーボーとは、どんなワインなのでしょう?
ボジョレー・ヌーボーの解禁日はいつなのでしょう?
ワインは、古い方が美味しいといいますが、ボジョレー・ヌーボーに、賞味期限はあるのでしょうか?

ボジョレー・ヌーボーについての紹介をします。

スポンサードリンク

■ボジョレー・ヌーボーとは

ボジョレーは、地域の名前で、フランスのブルゴーニュ地方の一番南に位置する地区のことです。
ヌーボーは、新しい という意味です。

以前はその年のブドウの出来栄えをチェックすることを主な目的としたもので、ボジョレー・ヌーボーは、ワイン業者が主な顧客でした。
その後、ボジョレー・ヌーボー解禁日をイベントとして、新酒として大々的に売るやり方が確立されました。
現在はフランスでも、日本と同じ目的で一般の消費者向けに売られています。

■ボジョレー・ヌーボーの解禁日

ボジョレー・ヌーボーに解禁日が設けられた理由は、各ワインメーカーがどこよりも早くヌヴォーを出荷しセールスを稼ごうと競い合いました。
そして、ワインとして十分出来上がっていないにもかかわらず出回るようになってしまいました。
それで、解禁日ができました。

スポンサードリンク

今は、ボジョレー・ヌーボーの解禁日(発売開始日)が11月の第3木曜日と決められ、それより前には販売してはいけない事になっています。
最初は、ボジョレー・ヌーボーの解禁日は11月15日でしたが、この日が土日になるとワイン運搬業者がお休みになるため、1985年より11月の第3木曜日に改定されました。

ボジョレー・ヌーボーの解禁日2015年は、11月19日木曜日です。

■ボジョレー・ヌーボー賞味期限

ワインは、古い方が美味しいといいますが、ボジョレー・ヌーボーに、賞味期限はどうなのでしょう?

ボジョレーヌーボーは、他のワインとは違って、フレッシュなワインを楽しむ飲み物です。

一部の高級ワインを除いては、一般的に店頭に並んでいるワインは飲み頃になっているのです。

ボージョレーは 熟成期間が短いので普通のワインとは別です。
ボジョレーヌーボーは普通のワインと製造方法が違います。
普通のワインと違って、早く飲むために殆ど熟成させずにアルコール発酵だけをさせたワインです。
ボジョレーヌーボーは製造してからすぐと飲むと美味しいのですが通常2~3ヵ月経つと味が落ちると言われています。

■まとめ

ボジョレーヌーボーは、11月の第三木曜日が解禁日ですが、近所の安売り酒店は12月になると半値に値下げして売っています。
それでも売れ残ったものは年末には1/4の値段です。
ボジョレーヌーボーは1ヶ月も経つと価値が無くなるワインなのですね。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする