近視は老眼にならないの?メガネはどれが良い?

a0886
近視の人は老眼にならないのでしょうか?
近視の人には老眼のメガネはどれが良いのでしょう?

近視と老眼、メガネについての紹介をします。

スポンサードリンク

■近視と老眼

近視は、遠くのものに焦点を合わせづらくなり、焦点が網膜の前に来てしまうことを言います。

近視と反対に、遠視は、近くのものに焦点を合わせづらくなり、焦点が網膜の後ろに来てしまうことを言います。

老眼は、焦点が移動しづらくなり、水晶体を動かす筋肉が衰え、水晶体が硬くなり、近くのものに焦点を合わせることができなくなってくることを言います。

■近視は老眼にならない?

近視の人は老眼にならないと言うことを聞いた事があります。

残念ながら、近視の人も老眼になります。

近視の人は、老眼が進むと、近くを見るためのメガネが必要になります。

水晶体の老化はすべてのヒトに同じように起こってきます。

スポンサードリンク

近視の人は、近くのものにピントが合っているので、近くを見るために水晶体の厚さを変える必要がないので老眼を自覚しにくいことがあります。

■近視の老眼とメガネ

近視の人は、老眼鏡だけではなく、老眼になると遠近両用のメガネを作る人が多いです。

近視の人は、遠近両用メガネといって、メガネレンズの上の部分に遠くを見るレンズ、下の部分には近くを見るレンズが入っていて、視線を上下に動かして、遠くを見たり近くを見たりするメガネです。

1つのメガネですむので、便利です。

けれども慣れないと、使いにくいですし、遠くと近くを見ることができるレンズの範囲がそれぞれ狭いため、長時間近くのものを見つづける作業には、向かないことがあります。

そのような場合には近く専用の老眼鏡と使い分けた方が良いでしょう。

■まとめ

私も、遠近両用のメガネを作りましたが、近くが見にくいので、あまり使っていません。
メガネをはずした方が近くがよく見えます。

コンタクトレンズも遠近両用を作りましたが、やっぱり近くが見にくいので使うのをやめてしまいました。

今は、まだメガネをはずせば近くが見えるのですが、もう少しすると近くも見えなくなるのでしょうね。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする