老眼とは?いつからなる?何歳位まで進むの?

a0886
老眼とはどんなふうになることでしょう?近くが見えなくなるだけなのでしょうか?
老眼はいつからなるもでしょう?
老眼は何歳位まで進むのでしょう?

老眼についての紹介をします。

スポンサードリンク

■老眼とは

老眼とは、目の障害の一つで、老視が正式名称です。
加齢により水晶体の弾性が失われて調節力が弱まり、近くのものに焦点を合わせることができなくなってくることを老眼と言います。

中・近距離の細かい文字や小物などの細部がにじんだり、チラついたりして明視しづらくなります。

他には、焦点を合わせることができなくなってきているので、パソコンや携帯電話の画面・読書などの比較的近距離を長時間見ていた後、遠方を見ようとしても即座に調整が出来ずしばらく見づらいといった症状にもなります。

スポンサードリンク

■老眼はいつから?

老眼は、何歳からなるのでしょう?

一般には40歳前後、早い人では30歳代半ばあたり、遅い人でも50歳代から60歳あたりまでに老眼の自覚症状があるようになります。

けれども、老眼は、実際には20歳前後から調節力の減少は始まっています。

年取ったことの自覚になるので、老眼用のメガネを掛けないで頑張ると、老眼の進行が早くなります。

メガネをかけたから老眼の進行が早くなる事はありません。
きちんと合ったメガネを掛けることによって、目の負担が減ります。

■老眼は何歳位まで進む

老眼の度は、最初は早く進みます。

老眼の進み方は、個人差はありますが、65歳から70歳程度で進行は止まると言われています。

■まとめ

老眼を掛けるのが嫌で、老眼を掛けないで頑張っている人は、私の周りにもいます。
これって、返って老眼を悪くするんですね。
目に負担を掛けない事が1番ですね。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする