オーストラリア旅行の食品の持ち込み(検疫)は?

オーストラリアでは食品の持ち込みがとっても厳しいです。
オーストラリア旅行では必ず入国する時に食べ物の申告をしましょう。

スポンサードリンク

もし申告をしないで持ってきて良い物でも見つかったら罰金になります。
ですから必ずどんな小さな物、少しの物でも持ってきたら申告をしましょう。
実際に見つかって罰金になった人は多いのです。
オーストラリアには検疫探知犬がいつも空港の中を調べています。
この犬はとても頭が良いのです。

この間私が話をしていた日本人のお客様のお話ですが
「私のそばにきて犬がクンクンして側に来たので本当になんてかわいい犬だと思っていたら私が食べ物持ってきていたのでその食べ物の匂いをかいていたの」と言うのです。
そしてそのお客様はその犬に食べ物を持ってきたことを検疫探知犬に見つけられてしまったのです。
笑い話みたいな話ですが本当にこんなこともあります。

申告をするのがめんどくさいからといって申告をしない人がいますが本当に見つかったら罰金になってしまうので必ず申告だけはしましょう。
X線検査もしますので本当に見つからないと思ってて見つかる事が多いので気をつけましょう。

オーストラリアでの食べ物持ち込みは本当に細かくてとても大変です。
ですから持ってこないのが1番良いのですが、どうしても持ってきたいものは必ず持ってきたら申告をしましょう。

スポンサードリンク

私は絶対大丈夫なあられとかしか日本から持ってきません。
食べ物の持ち込みはほんとに細かくて厳しいのでわからないことが多いのです。

インスタントラーメンでも卵が含まれていればダメとかいろいろ細かくてうるさいので面倒な思いをするくらいなら持ってこない方が本当に楽で、日本のインスタントラーメンなどオーストラリアでも買うことができます。

私の友達でニュージーランドのお土産で蜂蜜をオーストラリアに持って帰ってきたら税関で引っかかって全部捨てられたそうです。

「蜂蜜もダメだなんて知らなかったの。
だから私にお土産はなくなってしまってごめんね」と言っていました。
本当に大丈夫だと思ったものも大丈夫じゃないものがあります。
カレー粉も大丈夫だと思ったら肉のエキスが入っているからダメだと言われて捨てられたそうです。

持ち込みが禁止されているものを持ってきても申告してれば罪になることはありません。
申告しないことが罪になるのです。
申告しないで後で見つかったら本当に大変なことになります。
係員も観光客ですから持ってくるものは何なのかわからないのかという事はしょうがないと思っています。
ですから係員はそういうことがちゃんとわかっていますから必ず申告をしましょう。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする