冬至の食べ物 運盛りとは?冬至の七種とは?かぼちゃを食べる理由(由来)?

冬至は毎年12月22日前後です。
冬至は、1年でいちばん昼が短く夜が長い日です。
冬至の食べ物 運盛りとは何でしょう?冬至の七種や、かぼちゃを食べる理由(由来)を調べてみました。

スポンサードリンク

★運盛りとは?

「運盛り」という縁起かつぎで、「ん」の付く食べ物を食べると「運」が呼びこめ幸せになるという風習があります。

★冬至の七種(ななくさ)とは?

冬至の七種(ななくさ)がありますが、すべて「ん」がついています。
南瓜(なんきん)かぼちゃ、蓮根(れんこん)、人参(にんじん)、銀杏(ぎんなん)、金柑(きんかん)、寒天(かんてん)、饂飩(うんどん)うどん

★かぼちゃを食べる理由(由来)?

かぼちゃを食べる風習は江戸時代の記録になく明治時代以降の風習とされ全国に残っています。

冬至にかぼちゃを食べると、長生きをするといわれます。
かぼちゃは夏の作物ですが、切らなければ冬まで保存することができます。

スポンサードリンク

かぼちゃはビタミンAやカロチンなどの栄養が豊富なので、風邪や中風(脳血管疾患)予防に効果的で冬場の野菜不足の解消にもなります。

★かぼちゃの料理

かぼちゃを使った料理には、かぼちゃを甘く煮た「かぼちゃのほっくり煮」があります。

かぼちゃと小豆でつくる、「かぼちゃのいとこ煮」を食べる地方もあります。

いとこ煮という名前は、かぼちゃとあずきは同じ畑で育った、いとこのように親しいなかまという意味といわれています。

いとこ煮には、硬いものをおいおい(甥)入れて、めいめい(姪)炊き込んでいくことから、いとこ煮と名付けられた料理だともいわれています。
ですから、小豆とかぼちゃ以外の場合もあります。

★関連

冬至に、ゆず湯に入る由来(理由)は?柚子湯の方法は?

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする