入学祝いの時期は?金額は?お返しの時期は?

入学祝いの時期はいつがよいのでしょう?入学祝の金額はいくらが良いのでしょう。
そして、入学祝を貰ったらお返しの時期は、いつが良いのでしょう?
入学祝いについて紹介します。

スポンサードリンク

一般的に入学祝いは、ごく親しい身内だけに贈るものです。
職場の同僚や知人に入学祝いを差し上げなくても失礼ではありません。

001

■入学祝いの時期は?

入学祝いの時期は、3月初旬から入学式の1週間前までが良いとされています。

入学の準備には、何かと必要なものが多くなるので、早めに差し上げると喜ばれます。

でも、小学校や保育園、幼稚園などは決まっているので、早めに差し上げても良いですが、
中学や高校、大学などの場合は、合格が決まってからにしましょう。

お祝いを渡すのが入学式以降になってしまう場合でも、できるだけ早くお渡ししましょう。

スポンサードリンク

■入学祝いの金額は?

入学祝いに贈るものは、相手の年齢や地域によってもさまざまです。
一般的には、現金や商品券、図書カードなどです。

■お祝い金の相場
親戚なら1万円が妥当な金額です。
身内以外でしたら、5千円から1万円です。

■お祝いにつける熨斗や水引の種類
紅白の水引で蝶結びが用いられます。
熨斗の表書きはご入学お祝いや祝御入学にします。

■入学祝いのお返しの時期

入学祝いを頂いたら、お返しはしなくても失礼にはなりません。
基本的には、子供が貰ったお祝いなのですから、お返しは、しなくても良いのです。

でも、入学祝いを頂いたのに何もなしでは、気が引けると言う人も多いと思います。

ですから、お子さんに、手紙を書かせたり、電話でお礼を言ったり、
入学式の写真を手紙と一緒にお送りするとかでも良いでしょう。

お祝いのお食事を一緒にするとかでも良いでしょう。

金額の1/3ほどのお返しをする人も多いです。

お返しをする時期ですが、入学祝いをもらった日から1カ月以内にしましょう。

■まとめ

入学祝いは、お子さんの成長を喜び親しい身内だけに贈るものです。
入学祝いで、一番大切なことは、お祝いの気持ちを伝えることですね。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする