副業・個人事業の確定申告はいくらから?期間はいつから、いつまで?

個人事業や副業での確定申告はいくらから、期間はいつからいつまでなのでしょう?
個人事業と副業では、所得によって申告する金額は違います。
個人事業や副業での確定申告の金額、期間を紹介します。

スポンサードリンク

■個人事業の場合の確定申告

個人事業の場合は、38万円を超えた場合、確定申告します。

経費(交通費、通信費、書籍費など)は収入から差し引きますから、

もし38万円だった場合、経費を引いたら38万円以下になりますから、確定申告をしなくても良いのです。
経費を引いて、38万円以上になった場合は、確定申告します。

■副業の場合の確定申告

副業の場合は、20万円を超えた場合、確定申告します。

経費(交通費、通信費、書籍費など)は収入から差し引きますから、

もし20万円だった場合、経費を引いたら20万円以下になりますから、確定申告をしなくても良いのです。
経費を引いて、20万円以上になった場合は、確定申告します。

スポンサードリンク

★注意
例え、確定申告しなくても、税務署の問い合わせの時のために経費などは、記帳して、必ず領収書も5年間は保管しておきましょう。

■確定申告の期間 いつから、いつまで?

平成26年分の確定申告書の受付は、
平成27年2月16日(月)から同年3月16日(月)までです。

■還付申告の期間 いつから、いつまで?

還付申告については、平成27年2月15日(日)以前でも行えます。
還付申告は、還付申告をする年分の翌年1月1日から5年間行うことができます。

■医療費控除

医療費控除の対象となる金額は、最高で200万円です。

医療費の合計額ー保険金などで補てんされる金額
(生命保険契約などで支給される入院費給付金や健康保険などで支給される高額療養費・家族療養費・出産育児一時金など)

■確定申告の手続は「e-Tax(国税電子申告・納税システム)」が便利です。

http://www.e-tax.nta.go.jp/

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする