錦織圭 誕生日 2014年までの生い立ち

錦織圭選手は、12月29日が誕生日です。
25歳になります。
小さい時から、2014年までの錦織圭選手の生い立ち、好きなタイプの女性やいろいろなことを紹介をします。

スポンサードリンク

★錦織圭選手

島根県松江市出身
日清食品所属

乃木小学校、開星中学校、青森山田高等学校卒業生

身長178cm 体重74kg

右利き、バックハンド・ストロークは両手打ち。

居住地 アメリカ・フロリダ州

デビュー年 2007年

5歳からテニスを始める。

2001年 全国小学生テニス選手権大会で優勝
2003年 IMGニック・ボロテリー・テニスアカデミーに日本テニス協会会長・盛田正明が運営する「盛田正明テニス・ファンド」対象選手となり留学するため渡米

2003年 オレンジボウル選手権14歳以下の部で準優勝
2004年 男子ジュニア国別対抗戦のジュニア・デビス・カップに三橋淳・喜多文明と共に日本代表として出場
5位入賞

2005年 10月 世界スーパージュニアテニス選手権大会でジェレミー・シャルディーとの準決勝まで進出
この大会では三橋淳と組んで出場したダブルスでも準決勝まで進出し単複ベスト4の成績

2006年 ピーター・ポランスキー(カナダ)と組んで出場した1月の全豪オープン男子ジュニアダブルスでベスト4進出
6月の全仏オープン男子ジュニアダブルスで、エミリアノ・マサ(アルゼンチン)と組んで出場、日本男子史上初の4大大会ジュニアダブルス優勝

2007年 3月マイアミ・マスターズジュニア部門として開催されているルキシロンカップに第4シードで出場し、決勝で優勝
10月1日付でのプロ転向

2008年 デルレイビーチ国際テニス選手権でツアー初優勝を達成
4月28日 世界ランキング99位に浮上
6月末 オリンピック初出場

2009年 世界ランキング 自己最高となる56位を記録
5月 右ひじの疲労骨折が判明
6月開幕のウィンブルドン選手権、8月開幕の全米オープンと連続して欠場
8月には右肘の内視鏡手術を受け、残りのツアーを欠場

2010年
前年の怪我が長引き年初を棒に振り一時はランキングを失った
復帰後は好成績を収め順調にランキングを回復

2011年
ブラッド・ギルバートをトラベリング・コーチに迎える
1月3日にユニクロと契約
2月14日 世界ランキング 68位に浮上
4月の全米男子クレーコート選手権 準優勝
10月17日 世界ランキング30位
11月 スイス・バーゼルで行われたスイス・インドア
準決勝では同1位のノバク・ジョコビッチを 2-6, 7-6(4), 6-0 で破る
決勝はロジャー・フェデラーとの対戦1-6, 3-6 で敗れ、準優勝
11月 2008年4月から所属契約を結んでいたソニーとの契約が終了

2012年
★全豪オープン
日本人男子シングルス選手として初めて上位32名に与えられるシード権を得る
ベスト8に進出
★バルセロナ・オープン・バンコ・サバデル
世界ランク20位のフェルナンド・ベルダスコとの対戦中、腹筋を痛め途中棄権
回復に1ヶ月ほどかかると診断され、その後の全仏オープン欠場

スポンサードリンク

★楽天ジャパン・オープン優勝
大会後のランキングで自己最高の15位を記録

パリ・マスターズではジル・シモンとの3回戦を右足首痛のため棄権

2013年
ブリスベン国際
準決勝のアンディ・マレー戦で左膝を悪化、4-6, 0-2時点で途中棄権

全豪オープンでは日本人初の2年連続ベスト16に進出

2月 全米国際インドアテニス選手権 優勝

全仏オープンでは日本人選手として75年ぶりにベスト16に進出
大会後のランキングでは8ヶ月ぶりに自己最高ランクを更新し13位に上昇

ゲリー・ウェバー・オープンに第4シードで出場
自己最高ランキングを2週連続で更新し11位に浮上

2014年
全豪オープンで3年連続の16強入り

全米国際インドアテニス選手権 優勝 前年からの2連覇を達成

右足親指の故障のため、全米前哨戦のロジャーズ・カップとウエスタン・アンド・サザン・オープンを欠場して親指の嚢胞手術をし治療

全米オープン
治療明けで出場
準決勝では世界ランク1位で第1シードのノバク・ジョコビッチと対戦 6-4、1-6、7-6(7-4)、6-3で勝利
決勝は第14シードのマリン・チリッチと対戦したが3-6, 3-6, 3-6のストレートで敗退 準優勝
5月に記録したアジア出身選手の世界ランク最高位記録9位を超え8位以上となることが確定

マレーシア・オープン・クアラルンプールでは第1シードで出場
決勝では第4シードのジュリアン・ベネトー相手に7-6(7-4)、6-4優勝

楽天ジャパン・オープン 優勝
10月6日 世界ランキング 6位

BNPパリバ・マスターズ
準決勝で第1シードのノバク・ジョコビッチに2-6、3-6のストレートで破れる
自己最高位更新の5位

ATPワールドツアー・ファイナル
準決勝に進出

★まとめ

今までの記録を見ると何度も怪我をしたりして体調を壊しても
又復帰して着実に力をつけています。
まだ、25歳で若いので、ジョコビッチに替わって
きっとナンバー1になるでしょう。

★錦織圭選手の家族、小さい頃

錦織圭は、お姉さんと2人姉弟、両親と4人家族

お姉さんも子どもの頃テニスをしていて、小学生の全国大会で上位に入る成績だったそうです。
まだ小さな圭クンは、お姉さんに勝てなくて、悔しがっていたそうです。
負けず嫌いで、お姉さんを追いかける形で、テニスが上達していったとか。
グングン強くなって、小学6年生の頃には、お父さんさえまったく敵わなくなっていたそうです。
ちなみに、お母さんはピアノの先生で、最近錦織クンは、気分転換にピアノにはまっているそうです。
このお母さん、目がぱっちりした美人です。錦織クンの話し方「○○ですし、○○ですし、」と同じ話し方をしているのをテレビでみて、親子だな~と思わず笑ってしまいました。
(ヤフー知恵袋より)

母方筋の親戚に俳優の渡哲也・渡瀬恒彦兄弟がいる

★錦織圭の好きな女性のタイプ

好きな女性のタイプはタレントで言うと夏帆
『錦織圭 15‐0(フィフティーン・ラブ)』(神 仁司、実業之日本社、2008年)より

★錦織圭の好きなアーティスト

好きなアーティストはキリンジ、ASIAN KUNG-FU GENERATION、nujabes

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする