年越しそばの由来 年越しそばはいつ食べる?

毎年、大晦日になると年越しそばを食べます。
どうして年越しそばを食べるのでしょう?
年越しソバはいつ食べるのが良いのでしょう?

年越しそばの由来、年越しそばはいつ食べるのか?食べるタイミングなどを紹介します。

スポンサードリンク

年越しそばは、大晦日に食べるのが一般的です。

★年越しそばの由来

年越しそばの由来はたくさんあります。

そばは細く長いので延命・長寿を願った
そば粉の団子を使い、金銀細工師が金粉銀粉を集めたことから金を集める縁起物とされる
そばが五臓の毒を取ると信じられていた
そばは切れやすいので、一年間の苦労や借金を切り捨て翌年に持ち越さないよう願った
ソバは強く風雨に叩かれても、その後、日を浴びると元気になるので健康の縁起を担ぐから
家族の縁がそばのように長く続くようにと願った

スポンサードリンク

★年越しそばはいつ食べるのか?食べるタイミングは?

年越しそばは、大晦日に食べるので年越しソバというのですが、地方によっては違います。
年が明けてから食べる地方もあります。

年越しそばは、夕食時に食べる家庭もあれば、夕食以降に年越しで食べる家庭もあるようです。
有名な蕎麦屋ではお昼から食べる人で行列が出来たりします。

食べるタイミングに決まりはありません。ご家庭ごとに違っても良いのです。

★まとめ

年越しそばは年を越してから食べると縁起が悪いといわれていますが、年を越してから食べる地方もあるのですから、ご家庭ごとに食べるタイミングは違っても良いのですね。
私の家では大晦日の夕食が、年越しそばです。
そして、お菓子をいっぱい用意して、紅白歌合戦をお菓子を食べながら見るのが大晦日です。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする