オーストラリアのお金の種類は?硬貨の見分け方は?

オーストラリアのお金の種類は何があるのでしょうか?
オーストラリアのお金の硬貨は似ていて間違えやすいです。
オーストラリアのお金の硬貨を簡単に見分けるにはどうしたら良いのでしょうか?

オーストラリアのお金の種類や硬貨の見分け方について紹介します。

スポンサードリンク

■オーストラリアのお金

オーストラリアのお金はドルとセントです。

100ドル札から5セントまであります。

1セントと2セント硬貨は以前はありましたが、現在は使われていません。
ですから、切り上か、切り捨てです。

■オーストラリアのお金の種類

オーストラリアのお札はプラスティック紙幣です。

日本のお金と比べると色が綺麗で、おもちゃみたいだと思う人が多いですね。
アメリカ人も、オーストラリアのお金はおもちゃみたいだと言っていました。

40555

■5ドル ピンクっぽい紫色。表はエリザベス2世、裏はキャンベラの豪州国会議事堂

■10ドル 青色。表はバンジョー・パターソン、裏はダム・マリー・ギルモア

■20ドル オレンジ色。表はマリー・ライビー、裏はジョン・フリン

■50ドル 濃い黄色。表はデイビッド・ユナイポン、裏はエディス・カーワン

■100ドル 緑色。表はネリー・メルパ、裏はジョン・モナシュ

スポンサードリンク

■オーストラリアのお金の硬貨

2657
■5セント 裏面はハリモグラの絵

■10セント 裏面はコトドリ

■20セント 裏面はカモノハシ

■50セント 珍しい正十二角形 裏面はオーストラリアの国章、などさまざま

■1ドル 裏面は5頭のカンガルーの絵が主だが、さまざまな絵柄を発行

■2ドル 裏面はアボリジニと南十字星の絵

シルバーコインが、セント、ゴールドコインがドルです。

大きくて邪魔なのが50セントです。

1ドルと2ドルは、紛らわしいのですが、大きい方が1ドル
小さいコインが、2ドルです。

すべての硬貨の表にエリザベス2世の肖像がありますが、硬貨の年代によってエリザベス2世の肖像が若くなったり年をとったりしています。

40328

■まとめ

日本円を両替すると、100ドル札が貰えますが、一般的には100ドル札はあまり流通していません。
銀行で、5000ドルおろした時もすべてが50ドル札でした。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする