夏バテの症状は?原因は?夏バテ対策はどうする?

Print
夏バテの症状はどんな風なのでしょう?
夏バテの原因は何でしょう?
夏バテ対策はどうしたら良いのでしょう?

夏バテについての紹介をします。

スポンサードリンク

■夏バテの症状

夏バテとは、夏に身体が対応できなくなり、全身の倦怠感・思考力低下・食欲不振・下痢・便秘や、頭痛・発熱・めまいなどの症状が現れます。
夏バテは、暑気中り(しょきあたり)、暑さ負け、夏負け言われることもあります。

暑くて眠れなく、睡眠不足になり、疲れが取れなく、身体がだるく疲労感が増してしまいます。

自律神経の不調によって消化器の機能も低下し、食欲不振になり、必要な栄養が取れなくなり、身体がだるく疲労感、無気力が増してしまいます。

■夏バテの原因

夏バテの原因は、人によって異なります。

暑さのために夜に充分睡眠を摂る事が出来なく、睡眠不足のため、疲労感、無気力になる人もいます。

スポンサードリンク

他には、汗をかいた後に充分な水分補給ができなくて、脱水症状になっている場合もあります。

冷房の室内でも、室温と外の気温との差が激しくて、体温を調節する自律神経が正常に働かなくなってしまうこともあります。

■夏バテ対策

夏バテ対策は、どうしたら良いのでしょう。

■暑い夏は、食欲がなくなってたくさん食べる事が出来ない人が多いです。

ですから、質に重点をおいた栄養価の高い食品を食べましょう。

夏バテの疲労回復に効果的な食べ物は、良質なたんぱく質、高エネルギー、高ビタミンの食材です。

玄米、豚肉、ウナギ、豆類、ねぎ、山芋などを食べましょう。

■エアコンのきいた室内では、室内外の温度差が5℃以上になると、自律神経が乱れやすくなります。

まめにエアコンの温度調節をしましょう。

外出した時も、エアコンが効きすぎているところもありますから、上着などで体温の調節をするようにしましょう。

■睡眠をしっかり取って疲れを取るようにしましょう。

暑くて眠れない時は、氷枕で頭を冷やすと眠れる事が出来、深い眠りを取ることもできます。

■まとめ

夏バテしないように、運動をしたり、規則正しい生活をして日頃から体力をつけておきましょう。

日頃から早めに寝て睡眠不足にならないよう気をつけましょう。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする